Blog

OPENHOUSEのお礼

8月3,4日開催のDAYTONAHOUSE【TYPE-B】のオープンハウスはおかげ様で大盛況となりました。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

今後も良い建築、空間、ライフスタイルを提案できるように励んでいきますので、宜しくお願い致します。

さて、【TYPE-B】を体感していただいたお客様の声としては、やはり「こんな住空間は他社には無いよね」

という言葉をたくさんいただきました。

モーターライフという間口の狭いライフスタイルを徹底して表現しているからこそ唯一無二の建築、空間の創造を

可能にしていますので、嬉しいお言葉でした。

DAYTONA KAKEGAWAとしては外構にも独自のスタイルをつくりあげようとチャレンジしております。

門扉にコンクリート壁をセレクトしましたが、それだけでは面白くないので、【ビシャン仕上】という

工法をデザインアクセントとして使用して、より荒々しいデザインに仕上げました。

その写真が↓こちら ギザギザの下の部分がビシャン仕上げです。

IMG_5353

IMG_5556

外構のしっかりとした写真は後日アップしますので、お楽しみに。

 2019/08/3.4 イベントのお知らせ OPEN HOUSE

【DAYTONA HAOSE TYPE-B CUSTOM】
OPEN HOUSE  2019/08/3.4


この度デイトナハウス浜松・掛川によるオープンハウスを開催致します。

見学会ポスター表
見学会ポスター裏

デイトナハウスが提案する箱型規格住宅『TYPE-B・ML』のカスタムプランです。

ガレージ付きの『 ML 』プランは、クルマやバイクなど【移動】を人生の中心に置いたアクティブなライフスタイルをコンセプトに設計されています。

インテリアスタイリングはアメリカンヴィンテージの家具や雑貨アイテムでコーディネートしていますので、
モーターライフの世界感をリアルに体感できるオープンハウスとなっております。

190412_029561 190412_029557 190412_029719

さらに今回は特別イベントとして、デイトナハウス掛川の建築士「早川」がその場でヒアリングし、即興プランニングをおこす
『LIVEプランニング』を実施します。
もし計画を考えている土地がございましたら、資料をご持参ください。敷地に合わせてプランニング致します。

ご都合よろしければ、気軽に遊びにきてくださいね、お待ちしております。

※来場予約で優先的にご案内致します。ご予約はこちらまで

【デイトナハウス見学会】
■日程 8月3(土)・4(日)

■時間 10:00~16:00
■参加 ご予約可
事前にお電話(O8O-5152-8265 担当:早川)またはHPの問い合わせフォームからお申込みください
■場所 静岡県藤枝市 下記のMAPをご参照ください

KUME-HOUSE完成しました。

2月に完成していた物件を今頃アップですみません。
意外に色んな方が見てくれているのでサボっちゃいけませんね。

KUME-HOUSEは南北方向に縦長な日当たりの良いスイートスポットが限られる
敷地に計画されました。
1番のスイートスポットである2階の南にはリビング、1階の南には寝室を配置し、
建物の真ん中に玄関と吹き抜けを配置しました、この空間に大開口とトップライトを
設置することで、日光をたくさん室内へと導くことにより温められた空気が天窓に上昇し、
室内の空気を引っ張ることで自然換気を促す狙いです。

2階のダイニングと1階の洗面所も光の集合場所である吹き抜けの北側にあるため
とても明るい空間となっています。

光の集合場所である吹き抜けを軸に空間配置することで、家全体が明るさと自然換気
の恩恵を受けられる住宅を計画させていただきました。

4人家族、延べ床面積28.5坪の狭小住宅でありながら明るさと解放感のある計画を提案
するにあたって、なかなか挑戦的な計画でしたが、お施主様のご理解とご協力をいただきまして、
他には無い住宅を作ることができました。

光の集合場所
20170218-001
 

玄関より吹き抜け
20170218-004
 

玄関より洗面スペース
20170218-005
 

ダイニングより吹き抜けを挟みリビング
20170227-006
 

リビングより吹き抜けを挟んでダイニング
20170227-011

KUME-House

KUME-Houseの途中経過をパシャリ。

断熱工事を終え、内装下地ボードの施工中です。

今回セルロースファイバーという素材の断熱材となっております。。
この断熱材は断熱性能はモチロンですが、素材自体が調湿作用があるので、壁内の湿度コントロールを
してくれるので、結露防止に効果的です。
施工が甘いと自重で落ちてきて上の方に隙間ができてしまう心配がありますが、胴縁で押えながらパンパンに入っているので落ちてくることはありません。

その他には防音、難燃処理もしてあるとの事なので、メリットが多い材料です。

IMG_7506
IMG_7508

KUME-House START!!

少々遅くなりましたが、KUME-House着工しました。

IMG_7016
1階の床が土台より下がるため基礎パッキンでの床下換気ができません(基礎パッキンとは基礎と土台の間の黒い部材)
なので上記写真の換気部材を採用しました。
これは基礎の鉄筋を切らずに設置できるので、強度を損なう心配もありません。

IMG_7084
そして木構造が組みあがった様子をパシャリ
さぁ、これからが楽しみです!!

1 / 41234