Blog

S様ヘアサロン 中間検査

本日は中間検査に行ってまいりました。
構造材、耐力壁の設置、金物設置の施工チェックです。
建築士の業務は図面を描くだけではなく、建築基準法に
沿った施工がされているかの検査もします。

自分は建物の構造美が好きなので、この軸組だけの状態がとても
気持ち良いです。嘘のない正直な姿だと感じます。

この等間隔に並んだ梁がすでに空間を構成し、デザインされています。

picture_tmp20191106_125300_dist

美容サロンサポート事業START!!

20150810-03920150810-017
N.conceptでは得意としているカテゴリーの建築設計・デザインがあります。
その内の1つとして美容サロンの建築、貸物件リノベーションがあります。

私自身小さな美容サロンを経営しておりますので、その経験を活かしてサロンオーナー様へ
様々なご提案やアドバイスができるのではないかとの思いからサロンサポート事業を発足致しました。

サロンオーナー様へのアドバイスは店舗デザインや、建築の事だけではございません。
開業の準備から開業後、運営の事まで一貫してサポートさせていただくことができます。

Setp1 準備:資金調達 金融機関との調整、貸店舗、土地探しなど

Setp2 計画:仕組みづくり、コンセプトやメニュー作り価格帯の決定、労務規定作成など

step3 step2に基づいた店舗設計

step4   開業前の準備:宣伝戦略やマーケティングなど

step5   開業:運営上の問題点の改善やスタッフ教育など

上記のハードルを越えていくのはなかなか大変な作業です。

N.conceptではサロンオーナー様と共にハードルを越えるためのサポートチームを結成しておりますので、
簡単にご紹介致します。

・CASTELLERS 坂井浩尚(美容師、koti by luomuオーナー) https://castellers.jp
サロンの仕組みづくり、コンセプト作り、メニュー作り
技術教育、スタッフ教育
・N.concept建築計画     早川信宏
土地、貸店舗探し、サロンの仕組みづくり、コンセプト作り、メニュー作りの補助と店舗設計、デザイン

・会計士    事業計画、経営サポート
・社労士    補助金や助成金サポート、労務規定作成

以上の信頼のおけるチームでバックアップ致します。

初回のご相談は無料です。その他にも保証協会や行政が運営している補助金を利用して
3回まで無料でお受けすることもできますので、お気軽にご相談ください。
70587821_437479203785884_9025123420282552320_n sakai01-227x300

S様老人ホームの定期検査

設計事務所の仕事として定期検査という仕事があります。

設計業務ばかりではございません。

既存の建物の安全性を検査するのも建築士の仕事です。

1.敷地、地盤     ・・・地盤の自沈や、CBの劣化、敷地内の避難経路が確保されてるかなど
2.建築物の外部    ・・・基礎の損傷や、外壁の劣化など
3.屋上及び屋根    ・・・屋根の劣化損傷など
4.建築物内部     ・・・床、壁、天井仕上げの劣化、防火区画、防火設備の損傷、開口部の確保など
5、避難施設等     ・・・避難通路幅の確保、障害物の有無、非常照明や誘導灯の検査など

おおまかには上記内容の検査です。
人の命と建物の価値を保全する仕事なので責任は重大ですがやりがいはあります。

自分が感じるのは日本は建物に対しての価値を低く見ている若しくはその観点すら無いように
感じます。

要はただの箱と捉えがちだということです。

だからつまらない家を建てては壊す、施設だったりビルだったり建てたは良いものの商業的価値がなくなれば
放置して廃墟になっている建物なんていくらでもあります。

なのでせっかく建てた建築物を大切に保全して長く使っていく、そのための修繕として車の車検システムのような
仕組みを作るだとか、銀行や保険屋さんなんかが建築所有者にメリットがある積立の商品を作るだとか
より行政と民間が力を合わせて建築物を大切に保全していく事が美しいという価値観を持った文化にして
いかなければならないと思いますね。

こんな国土が少ない土地で、人口も減少していく日本でスクラップビルドのビジネスモデルに将来はありません。
picture_tmp20191003_111136_distスタッフ横地による指差し点検
まじめかっっ!!

2019.08.31-09.01 OPEN HOUSE【Lighting Court House】

IMG_5572
お施主様のご厚意により、完成見学会を開催させていただくことになりました。

今回の家のコンセプトは中庭を介して、明かりや、風を家の中に取り込むということです。
同時にプライバシーも確保されるので、都市型のプランであると言えます。

Lighting Court Houseのオーナーさんの希望として、直射日光の明るさではなく、柔らかく優しい明るさを
求めており、同時にプライバシーや防犯の確保といったことも大事にしていたので、中庭を中央に配置して
動線の流れを意識しながら計画していきました。

N.conceptではヒアリングしながらお客様の心の中の不安や、希望、抱えている問題を引き出し、設計に落とし込む
事を意識しながら取り組んでいます。

オープンハウスの詳細はこちらをクリック

OPENHOUSEのお礼

8月3,4日開催のDAYTONAHOUSE【TYPE-B】のオープンハウスはおかげ様で大盛況となりました。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

今後も良い建築、空間、ライフスタイルを提案できるように励んでいきますので、宜しくお願い致します。

さて、【TYPE-B】を体感していただいたお客様の声としては、やはり「こんな住空間は他社には無いよね」

という言葉をたくさんいただきました。

モーターライフという間口の狭いライフスタイルを徹底して表現しているからこそ唯一無二の建築、空間の創造を

可能にしていますので、嬉しいお言葉でした。

DAYTONA KAKEGAWAとしては外構にも独自のスタイルをつくりあげようとチャレンジしております。

門扉にコンクリート壁をセレクトしましたが、それだけでは面白くないので、【ビシャン仕上】という

工法をデザインアクセントとして使用して、より荒々しいデザインに仕上げました。

その写真が↓こちら ギザギザの下の部分がビシャン仕上げです。

IMG_5353

IMG_5556

外構のしっかりとした写真は後日アップしますので、お楽しみに。

1 / 512345