Blog

SK-House 点検

先日SK邸に1年点検してまいりました。

点検と言えば、住宅には特殊建築物のような定期検査義務がありません。
不特定多数の人の使用が考えられないことから所有者の自己責任といったところでしょうか。

ただこの安易な法律は今の時代には合ってないように思えます。
エコの観点から省エネ住宅やら100年住宅やら言ってますが、そんな新築前提のコンテンツを
作ったってなんの意味もありません。(中古住宅でも可能ですが・・・)
そんなの長期優良住宅を標準仕様にしてたりだとか、標準でZEH仕様です!!などと商品住宅
の宣伝に使ってるだけでスクラップビルドにより拍車をかけているだけにすぎません。

その一方で売れない中古住宅、ボロボロで行政も手の出せない空き家が増えており、減少していく人口に対して住宅が多すぎるわけです。

もっと維持管理に力を入れた法整備やメンテナンスにお金をかけることができるように、保険や投資型積立制度などを確立させて、日本の文化として歴史的に価値のある住宅を育てていくという風習になっていってほしいものです。

エコ、人口減少、空き家、和文化の継承など日本の問題点は私たち建築家による点検や管理など維持保全の仕事が意義のある価値ある仕事として定着すれば、経年変化を楽しめる豊かで瑞々しい建築が沢山
創出されると信じています。

てなわけで地道に点検頑張ります。

IMG_6172

地盤沈下など損傷確認:問題なし:建物は地盤補強しているので自沈の心配はさほどないが、
建物周辺地盤は沈下することもありますので要確認です

IMG_6173

基礎のクラック、損傷の有無を確認:問題なし
建物にとって大事な構造なのでチェック、これも地盤の影響を受けやすいため要確認

IMG_6178

コーキング損傷の有無:問題なし
雨漏りの弱点になりやすい箇所なので点検項目です。

IMG_6177

外壁への設置機器、取付金物の損傷や、外れてないか確認します。:問題なし
落下して怪我に繋がることもあるので、点検します。

その他にも外壁、屋根の劣化状況
内部建具の動作チェックや天井裏の配管のチェックなど目視で行います。

折れ戸サッシがレールに擦っていたので、その調整と、トイレ床のクッションフロアが一部浮いて
いたので、メンテナンスを行いました。

11/30,12/1 静岡県袋井市にてデイトナハウス見学会

オーナー様のご厚意により、実際に生活されているお部屋をご覧いただけます。
よりリアルなデイトナハウスの空間を、この機会に是非体感して下さい。
ご多用とは存じますが、ご来場お待ちしております。
ご予約頂ければ優先的にご案内致します。

開催地:静岡県袋井市月見町12-13

ご予約はこちらをタップ
IMG_6240



今回ご覧いただける物件
IMG_6241 IMG_6242 IMG_6243

 

 

 

その他施工事例:type-B custom 藤枝市
IMG_6126 IMG_6129 IMG_6128 IMG_6127

 

 

 

S様ヘアサロン 中間検査

本日は中間検査に行ってまいりました。
構造材、耐力壁の設置、金物設置の施工チェックです。
建築士の業務は図面を描くだけではなく、建築基準法に
沿った施工がされているかの検査もします。

自分は建物の構造美が好きなので、この軸組だけの状態がとても
気持ち良いです。嘘のない正直な姿だと感じます。

この等間隔に並んだ梁がすでに空間を構成し、デザインされています。

picture_tmp20191106_125300_dist

美容サロンサポート事業START!!

20150810-03920150810-017
N.conceptでは得意としているカテゴリーの建築設計・デザインがあります。
その内の1つとして美容サロンの建築、貸物件リノベーションがあります。

私自身小さな美容サロンを経営しておりますので、その経験を活かしてサロンオーナー様へ
様々なご提案やアドバイスができるのではないかとの思いからサロンサポート事業を発足致しました。

サロンオーナー様へのアドバイスは店舗デザインや、建築の事だけではございません。
開業の準備から開業後、運営の事まで一貫してサポートさせていただくことができます。

Setp1 準備:資金調達 金融機関との調整、貸店舗、土地探しなど

Setp2 計画:仕組みづくり、コンセプトやメニュー作り価格帯の決定、労務規定作成など

step3 step2に基づいた店舗設計

step4   開業前の準備:宣伝戦略やマーケティングなど

step5   開業:運営上の問題点の改善やスタッフ教育など

上記のハードルを越えていくのはなかなか大変な作業です。

N.conceptではサロンオーナー様と共にハードルを越えるためのサポートチームを結成しておりますので、
簡単にご紹介致します。

・CASTELLERS 坂井浩尚(美容師、koti by luomuオーナー) https://castellers.jp
サロンの仕組みづくり、コンセプト作り、メニュー作り
技術教育、スタッフ教育
・N.concept建築計画     早川信宏
土地、貸店舗探し、サロンの仕組みづくり、コンセプト作り、メニュー作りの補助と店舗設計、デザイン

・会計士    事業計画、経営サポート
・社労士    補助金や助成金サポート、労務規定作成

以上の信頼のおけるチームでバックアップ致します。

初回のご相談は無料です。その他にも保証協会や行政が運営している補助金を利用して
3回まで無料でお受けすることもできますので、お気軽にご相談ください。
70587821_437479203785884_9025123420282552320_n sakai01-227x300

S様老人ホームの定期検査

設計事務所の仕事として定期検査という仕事があります。

設計業務ばかりではございません。

既存の建物の安全性を検査するのも建築士の仕事です。

1.敷地、地盤     ・・・地盤の自沈や、CBの劣化、敷地内の避難経路が確保されてるかなど
2.建築物の外部    ・・・基礎の損傷や、外壁の劣化など
3.屋上及び屋根    ・・・屋根の劣化損傷など
4.建築物内部     ・・・床、壁、天井仕上げの劣化、防火区画、防火設備の損傷、開口部の確保など
5、避難施設等     ・・・避難通路幅の確保、障害物の有無、非常照明や誘導灯の検査など

おおまかには上記内容の検査です。
人の命と建物の価値を保全する仕事なので責任は重大ですがやりがいはあります。

自分が感じるのは日本は建物に対しての価値を低く見ている若しくはその観点すら無いように
感じます。

要はただの箱と捉えがちだということです。

だからつまらない家を建てては壊す、施設だったりビルだったり建てたは良いものの商業的価値がなくなれば
放置して廃墟になっている建物なんていくらでもあります。

なのでせっかく建てた建築物を大切に保全して長く使っていく、そのための修繕として車の車検システムのような
仕組みを作るだとか、銀行や保険屋さんなんかが建築所有者にメリットがある積立の商品を作るだとか
より行政と民間が力を合わせて建築物を大切に保全していく事が美しいという価値観を持った文化にして
いかなければならないと思いますね。

こんな国土が少ない土地で、人口も減少していく日本でスクラップビルドのビジネスモデルに将来はありません。

1 / 612345...最後 »